答えのない時代に答えを生み出す力を

答えのない時代だからこそ、原点に立ち返り
自分たちの物語を再構築する必要があります。
私たちはコミュニケーションを切り口に、
お客様の様々なお悩みを解決するお手伝いをいたします。

Service

コミュニケーションを大切に、丹念に取材し、お客様ご自身にも新たな魅力に気付いて
いただきます。
新たな気づき・切り口から、どんな可能性があるのかをご一緒に考え、
最適な方法で課題解決のお手伝いをします。

  • 気づきを生み出す
    映像制作

    more
  • 新しい価値を生む
    人材育成

    more
  • つながりを加速させる
    デザイン制作

    more
  • 価値を生み
    課題を解決する
    コンサルティング

    more

Works

Vision

大胆さと緻密さ

「平成」という空白の30年を経た日本には、
これまでの常識を覆す勇気と大胆な発想が必要です。
そしてそれを諦めずに、妥協することなく、緻密に組み立て、
現実化していく体力も同時に必要です。

私たちはたまたまアートの世界に身を置きながら、
ビジネスの世界でその感覚、美意識を応用するという機会に恵まれました。
異質な世界で、異質なもの同士を同調させ、新しいものを生み出す。
そのようなことが今、求められています。

答えのない時代に、どう対処すればいいか。

私たちはコミュニケーションを切り口に、大胆な発想と異なる視座を持ちつつ、
綿密な取材により課題の本質を見極め、お客様の「伝わる」をデザインします。

Our Story

大胆さと緻密さ

代表の榎田は音楽家でもあります。
その音楽の縁から、文化芸術で地域をつなげ活性化する目的で、2001年に「NPO法人横浜アートプロジェクト」を設立。
ここから私たちの活動が始まりました。

「国籍、障害の有無、年齢、性差を超え様々な人たちが文化芸術活動を通じて、 一同に介する機会を創出することより、地域を活性化する」という趣旨で、 まさに様々な人に出会い、多岐にわたる活動を展開しました。
その途上で、史上初の日中韓共同映画製作なども実現。
映像制作手法が生まれたのも、こうした背景からでした。

様々な知見、経験が集まっている映画制作の手法。これを応用して情報伝達技術を開発し、 低コストで「伝わる」映像を制作できる型を開発、「序破急® モデル」と名付けました。
そうして、アースボイスプロジェクトの設立に至りました。

Our Story

ご相談・お見積など、
お気軽にお問い合わせください。

News News

  • 2021/1/30

    ホームページを新しくリニューアルしました。
    アースボイスが行っている映像制作やそれ以外の様々な事業について、より伝わるようにしたいと考えています。
    どうぞよろしくお願い致します。