答えのない時代に答えを生み出す力を

答えのない時代だからこそ、原点に立ち返り
自分たちの物語を再構築する必要があります。
私たちはコミュニケーションを切り口に、
お客様の様々なお悩みを解決するお手伝いをいたします。

Service

コミュニケーションを大切に、丹念に取材し、お客様ご自身にも新たな魅力に気付いて
いただきます。
新たな気づき・切り口から、どんな可能性があるのかをご一緒に考え、
最適な方法で課題解決のお手伝いをします。

  • 気づきを生み出す
    映像制作

    more
  • 新しい価値を生む
    人材育成

    more
  • つながりを加速させる
    デザイン制作

    more
  • 価値を生み
    課題を解決する
    コンサルティング

    more

Works

Vision

大胆さと緻密さ

「平成」という空白の30年を経た日本には、
これまでの常識を覆す勇気と大胆な発想が必要です。
そしてそれを諦めずに、妥協することなく、緻密に組み立て、
現実化していく体力も同時に必要です。

私たちはたまたまアートの世界に身を置きながら、
ビジネスの世界でその感覚、美意識を応用するという機会に恵まれました。
異質な世界で、異質なもの同士を同調させ、新しいものを生み出す。
そのようなことが今、求められています。

答えのない時代に、どう対処すればいいか。

私たちはコミュニケーションを切り口に、大胆な発想と異なる視座を持ちつつ、
綿密な取材により課題の本質を見極め、お客様の「伝わる」をデザインします。

Our Story

大胆さと緻密さ

代表の榎田は音楽家でもあります。
その音楽の縁から、文化芸術で地域をつなげ活性化する目的で、2001年に「NPO法人横浜アートプロジェクト」を設立。
ここから私たちの活動が始まりました。

「国籍、障害の有無、年齢、性差を超え様々な人たちが文化芸術活動を通じて、 一同に介する機会を創出することより、地域を活性化する」という趣旨で、 まさに様々な人に出会い、多岐にわたる活動を展開しました。
その途上で、史上初の日中韓共同映画製作なども実現。
映像制作手法が生まれたのも、こうした背景からでした。

様々な知見、経験が集まっている映画制作の手法。これを応用して情報伝達技術を開発し、 低コストで「伝わる」映像を制作できる型を開発、「序破急® モデル」と名付けました。
そうして、アースボイスプロジェクトの設立に至りました。

Our Story

ご相談・お見積など、
お気軽にお問い合わせください。

News News

  • 2021年6月14日

    NEWS

    中小企業庁 令和3年度「JAPANブランド育成支援等事業」支援パートナーに選定されました

    この度、合同会社アースボイスプロジェクトは、中小企業庁 令和3年度「JAPANブランド育成支援等事業」支援パートナーに選定されました!

    「JAPANブランド育成支援等事業」に応募をお考えの方はこちらをご覧ください。https://www.chusho.meti.go.jp/…/21041502Jbrand-koubo…

    「JAPANブランド育成支援等事業」における支援パートナー一覧
    https://www.chusho.meti.go.jp/…/21053101Jbrand-koubo…

    (「支援パートナー一覧」の一番上に名前が掲載されております)

    「物やサービスに物語をつけて売る」をテーマに情報戦略から商流開発まで中国市場向けの事業をサポートさせていただきます。

    アースボイスnoteもあわせてご覧ください。
    https://note.com/earth_voices/n/na7295c2b394c

    まずはご相談ください。ご連絡をお待ちしております。

  • 2021年5月27日

    NEWS

    noteを始めました

    アースボイスプロジェクトのnoteを始めました。

    よろしくお願いします。

    https://note.com/earth_voices/

  • 2021年4月8日

    NEWS

    岡山県津山市にて開催された「事業者の魅力向上のためのプロモーション映像制作セミナー」

    令和3年度が始まり、あっという間に2週目が終わりそうです。
    今年度もどうかよろしくお願いいたします!

    さて、令和2年度に岡山県津山市にて開催された「事業者の魅力向上のためのプロモーション映像制作セミナー」。

    弊社では、代表の榎田が講師を務めさせていただき、榎田が開発した、認知開発®️手法による人材育成カリキュラムをご提供し、これまでも何度かご一緒させていただきました。
    受講生のみなさんが制作した動画が掲載されました。
    市内の事業者さまが、地域や事業者の紹介動画を制作。
    本講座は事業者同士が互いに取材し合い、編集し、制作動画を発表することで、事業者自身の魅力の再発見と、情報伝達力の向上を目指すものです。

    昨年度はコロナ禍で、オンラインも活用し、試行錯誤しながらの講座でしたが、受講生の皆さんや主催の津山市地域雇用創造協議会さまのご尽力により、無事講座を終えることができ、立派な作品が出来上がりました。
    下記より、ぜひご覧ください。

  • 2021年3月30日

    NEWS

    「同じ空の下、同じ星の上」ライトアップホストタウン応援動画プロジェクトテーマソングに

    2月20〜21日に開催されたホストタウンサミット。
    初日のエンディングに、弊社代表、榎田竜路率いるユニット、真荷舟(まにふね)が出演させていただきました。

    榎田の作詞作曲による「同じ空の下、同じ星の上」は「世界はもっと一つになれる」ライトアップホストタウン応援動画プロジェクトテーマソングとなっています。
    https://host-town.jp/athlete_message/ja/#about-bgm

    同曲を、初日のエンディングにライブ配信にて演奏するという企画、その模様が公開されました。こちらからご覧ください!

  • 2021年3月23日

    EVENT

    「ひびく、まとまる。打楽器によるグルーヴワークショップ」実施後のふりかえり

    2021年2月18日。 八王子市立浅川小学校4年生3クラス対象に、 打楽器によるグルーヴワークショップを開催。
    今回も特別活動(特活)を推進している同校校長、清水弘美先生とのご縁で3回目を開催させていただくことができました。当日は2年前にワークショップを経験した6年生たちもやってきて、講師が感心するくらい、いい音を叩いています!

    アースボイスプロジェクトでは「身体教育」として打楽器演奏という観点のカリキュラムが組まれています。 同ワークショップは、弊社代表、榎田 竜路率いるユニット、Manifune 真荷舟のメンバーが講師となり、実施しています。 ワークショップ後、講師による対談ではワークショップがどんなきっかけで始まったのか。 その目的や、内容、3回目を終えて実感している効果、ワークショップを通じて 子どもたちに伝えたいこと等々、お話ししていますのでご覧ください。

    今日の身体教育としての打楽器ワークショップが3回目になりますけど、やってみてどうでした?
    短い時間の中だとしても、偶然だとしても、いい音が出た時の子供たちの反応は、見ていてとてもおもしろいですね。何回かトライして、「あれっ、あれっ」って言いながらも、たまたま(音が)出た時の「あっ、これだ!」って掴んだ瞬間の子供たちの表情が良くて。
    周りの子も感じてますよね、「今のいい音だったね!」みたいな。あの瞬間がもっと増えていけばいいなと思うんです。
    「打楽器で身体教育したい」とか、僕が言い始めたわけですよ、「またこのオッサン、何か言い始めたわ」みたいな感じはありました? 笑

    続きはこちらから!https://youtu.be/68VbTvt6-Xk

    こちらのカリキュラムは、年齢問わず、社員研修としても取り入れていただける内容となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。info@ev-pj.com

    ひびく、まとまる。打楽器によるグルーヴワークショップ2021(八王子市立浅川小学校4年生)
    https://youtu.be/rEnBA_TerEs
    打楽器によるプリミティブコミュニケーション授業(八王子市立弐分方小学校)
    https://www.youtube.com/watch?v=INg8y
    清水弘美氏子供をアクティブラーナーに変身させる特活脳の鍛え方 | Find!アクティブラーナー
    https://www.youtube.com/watch?v=Elm5L
    真荷舟公式サイト 
    https://manifune.com/