人間の力を発揮するための基本は正しい姿勢にあります
姿勢を良くし身体の使い方を変えることで、自己肯定感を高めることが本事業の目的です

打楽器を通じたコミュニケーション

打楽器を通じたコミュニケーション

打楽器は、プリミティブな楽器であるがゆえに、身体を十分に使い、一つにまとめないといい音が出ません。
打楽器の演奏を通じて「身体をひとつにまとめる」という基礎体育の技術の習得と、打楽器を使って他者とともにコミュニケーションすることの楽しさやワクワクする体験により、子供たちの自信と勇気を引き出し、連帯感のある集団づくりを目的としています。

パーカッションワークショップ

打楽器による非言語的なコミュニケーション体験

弐分方小学校 ワークショップ 動画リンク
弐分方小学校 ワークショップ 授業風景

東京都八王子市立弐分方小学校

弐分方小学校では、特別活動(特活)に力を入れており、
子どもたちの心身の成長を期待し、ワークショップを受講。
左動画よりワークショップの模様と関係者インタビューがご覧いただけます。

ジャンベを中心に、マラカス、トライアングル、ボンゴなど
あらゆる打楽器の操法の基礎を子供たちに指導。
音を出す時の響きをよく聴くこと、どう叩けば良い音が出るのかを重点的に指導し、最後にプロの音楽家とともにアンサンブルを演奏しました。

受講生の声 アイコン画像
                       

受講生の声(津山市立喬松小学校、南小学校生徒、職員)

● 姿勢を正し、まっすぐ立つことが難しいと初めて思いました。これからは、まっすぐ立つことと、勉強するとき腰骨を伸ばすことを意識します。(6年)

● 身体と書いて「からだ」と読むわけがわかりました。(6年)

● 四速歩行から二足歩行になる歴史を聞いて「なるほど」と思いました。
一動作で立つと「すっ」と立てる気持ちよさを感じました。水運びのとき、「最初の一動作」が、ここで生きるのかと思いました。(6年)

● ひもを緩めず動くのが、一番難しかったです。(5年)

● 手を狐の形にすることで体が動かなくなることに驚きました。榎田先生は、竹をお腹に入れると抜けないので、すごいなとおもいました。(5年)

● 行儀の意味をおしてもらったことが良かったです。私たちは、行儀が悪かったんだと思って、直したいとおもいました。(5年)

● 行儀の意味を親に教えてあげたい(5年)

● 「しずみ」がきつかったです。(4年)

● 竹をはさんだら痛くて、股関節がきつかったです。(4年)

● 水がこぼれるかドキドキしたのが楽しかったし、そのあとの雑巾がけがもっと楽しかったです。(4年)

● しっかりバランスがとれました。(4年)

● 榎田先生の説明が分かりやすかったので、どうやったらよいかわかりました。でも、できませんでした。(4年)

● サムライがいました。(3年)

● 自分も普段から姿勢が悪かったんだと、初めて気づきました。子どもは教師の姿を良く見ているので、教師が正しく行儀よくしないと・・・と反省しました。子どもたちは、「これを学校でいつからやるの?」とやる気満々でした。(教師)

● 自分の思っていた「背筋を伸ばす」とは違う「腰を伸ばす」という姿勢が新鮮で気持ちよいことに驚きました。自分自身を鍛えようとおもいました。(教師)

● ありがとうございました。することが分かりやすく、とても楽しく教えて頂きました。「体幹を鍛える」と似ているようで、鍛え方に違いがあるのと感じました。(教師)

● 話術が巧みで、子どもが引き込まれ楽しそうにしているのが何よりでした。心と体がこんなにつながっていることに今まで気づきませんでした。(教師)

● 榎田先生、大変ありがとうございました!(児童・職員一同)

               

実績 身体感覚教育

2019年度


2019年10月10日 打楽器による非言語的コミュニケーション体験@八王子市立浅川小学校
実施内容:人材育成事業/身体感覚教育/パーカッションワークショップ
概要:「特別活動」の時間に打楽器を通じ、身体感覚を学ぶ。非言語領域でのコミュニケーションスキルを向上させることを目的とする講座。
委託元:八王子市立浅川小学校
2019年9月19日 身体講座@津山市喬松小学校、南小学校
実施内容:人材育成事業/身体感覚教育/身体講座
概要:基礎体育技術を習得し、子どもたちが身体感覚を体感。System1=非言語領域の教育により自己肯定感、学力向上を目的とする講座。
委託元:津山市立喬松小学校、南小学校/対象:小学校1年06年生(100名)

2018年度


 
2018年 八王子市立弐分方小学校
打楽器によるプリミティブコミュニケーション授業(4年生対象)

このほか、姿勢を良くする講座、演劇を活用したプレゼンテーション講座など、お客様の状況に合わせて様々な講座、研修をご用意しております。まずはお問い合わせください。

お問い合わせ