人間の力を発揮するための基本は正しい姿勢にあります
姿勢を良くし身体の使い方を変えることで、自己肯定感を高めることが本事業の目的です

打楽器を通じたコミュニケーション

打楽器を通じたコミュニケーション

打楽器は、プリミティブな楽器であるがゆえに、身体を十分に使い、一つにまとめないといい音が出ません。
打楽器の演奏を通じて「身体をひとつにまとめる」という基礎体育の技術の習得と、打楽器を使って他者とともにコミュニケーションすることの楽しさやワクワクする体験により、子供たちの自信と勇気を引き出し、連帯感のある集団づくりを目的としています。

パーカッションワークショップ

打楽器による非言語的なコミュニケーション体験

弐分方小学校 ワークショップ 動画リンク
弐分方小学校 ワークショップ 授業風景

東京都八王子市立弐分方小学校

弐分方小学校では、特別活動(特活)に力を入れており、
子どもたちの心身の成長を期待し、ワークショップを受講。
左動画よりワークショップの模様と関係者インタビューがご覧いただけます。

ジャンベを中心に、マラカス、トライアングル、ボンゴなど
あらゆる打楽器の操法の基礎を子供たちに指導。
音を出す時の響きをよく聴くこと、どう叩けば良い音が出るのかを重点的に指導し、最後にプロの音楽家とともにアンサンブルを演奏しました。

                   
               

実績 身体感覚教育

2018年 八王子市立弐分方小学校打楽器によるプリミティブコミュニケーション授業(4年生対象)

このほか、姿勢を良くする講座、演劇を活用したプレゼンテーション講座など、お客様の状況に合わせて様々な講座、研修をご用意しております。まずはお問い合わせください。

お問い合わせ