考え方ではなく、感じ方を変える。
感じ方を変えることにより自己肯定感を高め、美意識を育てる。そのことが人の新たな能力を引き出し、可能性を広げる。オンリーワンの手法で人材を育成するプロフェッショナル

榎田竜路 写真

榎田 竜路

1964年生まれ。20代より日本の伝統文化の底にある「型」の概念に着目。
人間の感覚を有効に発生させるこの「型」の機能を研究してきた。
その後、2004年に北京電影学院の客員教授に就任したことを機に、その「型」を映画教育に応用し、認知開発®︎手法として体系化、情報の担い手育成講座として、全国各地の自治体などと組んで開催し、現在までに1000名余の人材を育て上げている。

また、同手法を応用したメディア手法「序破急®モデル」を開発、これまでに2000本以上の映像を制作・監修してきた。
中小企業の連携促進やITを活用した情報配信システム構築やブランディング等と組み合わせながら、全国に展開している。
特に企業や地域に「物語」を見出し、それを価値ある情報に編集・デザインし、グローバルに展開する能力は卓越しており、東日本大震災、熊本地震後の復興や中小企業の活性化に尽力している。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の「経済・テクノロジー」専門委員会委員に就任したことをきっかけに、中高生への認知開発®︎手法の普及を提唱。中高生自らが日本の底力を発見していくプログラムを提唱している。

音楽家
メディアプロデューサー
北京電影学院ニューメディアアート科客員教授
秋田大学大学院理工学研究科非常勤講師

合同会社アースボイスプロジェクト代表社員
特定非営利活動法人映像情報士協会理事長
復興支援メディア隊 代表

内閣府地域活性化伝道師
経済産業省 地域キーパーソン会議構成員
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
「経済・テクノロジー」専門委員会委員
中小機構 よろず支援拠点全国本部サポーター

財団法人国際文化協会 顧問
仙北市総合戦略アドバイザー
津山市未来戦略ディレクター

なぜ榎田はそれができるのか?

きっかけは身体教育研究所との出会い

20代の頃、交通事故の後遺症で身体が利かなくなることを経験しました。
その際に身体教育研究所の野口裕之先生に出会い、日本古来の身体運用方法を学び、身体の感覚が如何に人の考え方や文化、社会に大きな影響を与えているかを知ることとなります。
正しい身体の使い方をすることによって、感覚や思考も変わります。

映画教育との出会い

2004年にアジアの映画教育の最高峰である、北京電影学院の客員教授となった際に映画教育を実践する人たちや現場と出会うことになります。
これまで積み上げてきた身体運用法と、映画製作の様々な技術を組み合わせることによって、認知開発®︎手法が開発されました。
対象を理解し、新しい価値に気づき、再編集するーー。それが「認知開発®︎手法」です。

               

従来のコミュニケーションが進化することにより、人や企業、地域の新たな価値や可能性を見出し、社会に貢献します。

生き様がブランドになるマッチング
生き様がブランドになるマッチング
高校生向け講座について
高校生向け講座について
お問い合わせ